NEWS

新着情報

ノーベル文学賞

新田です。



村上春樹、ノーベル文学賞残念でした(・_・)

この方の小学生時代の文集巻頭文を読みましたが、

既に才能を感じさせ、小学生の文章とは到底思えませんでした(笑)



______________________



『走ることについて語るときに僕の語ること』

 

村上 春樹

文藝春秋


 

 

しかし何はともあれ走り続ける。

日々走ることは僕にとっての生命線のようなもので、

忙しいからといって手を抜いたり、やめたりするわけにはいかない。

 

 

もし忙しいからというだけで走るのをやめたら、

間違いなく一生走れなくなってしまう。



走り続けるための理由はほんの少ししかないけれど、

走るのをやめるための理由なら

大型トラックいっぱいぶんはあるからだ。



僕らにできるのは、

その「ほんの少しの理由」をひとつひとつ大事に磨き続けることだけだ。

 

 

102p


 

 

______________________



 

長崎の修学旅行から帰宅した6年生の娘に

自分が6年生だった頃の小学校の卒業アルバムを見せる。

 


アルバムの中の12歳の同級生たちと、

今現在の12歳の子供たちって、同じ年なのに、

なんだか、まったく違う(笑)



んー、なんというか(笑)

アルバムの中の12歳たちは、

40歳の大人がそのまま昔に戻っただけ、、、

子供には、見えないというか、、、



そんな感じでした(笑)

ん〜、表現が難しい。。。

文学才能ゼロ〜(笑)




______________________



今日は、夕刻まで、人間ドック!!

2Lの下剤が大変なのだ!!

 


(笑)


 

お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

0120-743-745
お問合せ受付時間 : 8:30 〜 17:30

WEBでのお問合せはこちら

ご予約いただければ、ZOOM、LINEなど
オンライン相談も可能です!
ご相談の流れ・お問合せ