BOOKSHELF OF MANAGER

経営者の本棚

BOOK TITLE

ドラッカー5つの質問

著者
個人的おすすめ度 
ドラッカー5つの質問

『ドラッカーの5つの質問』

あさ出版

山下 淳一郎

s-dofwnrrload.jpg

よくしてもらってる社会保険労務士

の先生からプレゼントされました。

自社のミッションや理念、ビジョンを決めるのに、

とても参考になりました!

軸を会社で共有できている組織と、

そうでない組織の強さそうでなさは、

はっきりしてくるのでしょうね。

__________________

経営チームは答えを共有する前に、問いを共有しなければならない。

そして同じに問いに対して、全員から同じ答えが出てくる状態にならなければ

ならない。経営チームが一枚岩にならずして会社のさらなる成長はあり得ない

からだ。5P

組織は人の集まりではない。考え方の集まりだ。

だから、共通の考えを創り出さなければならない。

「何をやるか」を決めるのはそのあとだ。

19P

●経営理念とは「わが社の社会に対する根本的な考え」を言い表したもの

●ミッション(使命)は「わが社が社会で実現したいこと」を言い表したもの

●ビジョンは「わが社のミッションが実現した時の状態」を言い表したもの

43P

「明確かつ焦点の定まった共通の使命だけが、組織を一体とし、

成果をあげさせる。焦点の定まった明確な使命がなければ、組織は直ちに

組織としての信頼性を失う」

54P

ビジョンがなければ事業とはなりえない。人の群れがあるだけである。

74P

伸びている企業は必ず顧客に応えている。

顧客に応えている企業は必ず顧客の声を聞いている。

奇をてらったことを考えるより、基本を大切にしている企業が成功を収めている。

143P

売上の額だけを見て事業を進めていくならば、会社は生き残ることはできない。

売上の額だけしか見ていなければ、何を改め、何を工夫し、

何をはじめていいか、わからなくなるからだ。

155P

経営には計画が絶対に必要だ。

成り行き任せで事業がうまくいくはずがないからだ。

172P

人は誰かが考えた目標を自分の目標と思わない。

誰かが勝手に決めた目標は自分の目標とは思えない。

もちろん部下は社長から命令されれば、「はい、わかりました」

と言ってくれる。だからと言って、その目標が本人にとって、

心から達成したい目標かというと話は別だ。

176P

同じカテゴリー本

お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

0120-743-745
お問合せ受付時間 : 8:30 〜 17:30

WEBでのお問合せはこちら

ご予約いただければ、ZOOM、LINEなど
オンライン相談も可能です!
ご相談の流れ・お問合せ