Tax Column

税務コラム

NEW

志を育てる

グロービスに入って、何かが変わったような気がします。

 

大きな収穫は、真剣に学ぶメンバーのなかに入って入れるということ。

 

少しの抵抗感と大きな刺激です。皆さん、この「志」を持っていると感じます。先日の授業では、面白い問いがありました。

存在意義って、次の問いに答えること。「自分がこの世に存在しなかったら、この世から失われてしまうものは何か」、

「会社がこの世に存在しなかったら、この世から失われてしまうものは何か」。

 

_____________

 

以下、個人メモ

目の前にある仕事に一心不乱に取り組むことにより、次のチャンスをつかみ、

活動を継続し、ある一定の年齢や状況になった段階で、自らの志が見えてきた

という趣旨の発言をしている。

P14

 

「真の志とは、自分の心の奥底に潜在しつつ、常にその念頭に現れて、

自己を導き、自己を激励するものでなければならぬのである」

P45

自分が何かに取り組む時には、いつも「常に新しい価値を顧客に提供して

いるか」という自らの志に立ち返るようにしているという。

P50

 

「他人と過去を変えることはできない。変えられるのは自分と未来である」

という言葉があるが、他人の感情に働きかけられるような自分になっていく

ことで、他人を巻き込めるようになることだ。

自分が大切にする規範を変えずに、他人を説得できるだけの自分に変えていく

ことが、他者をリードしていくという観点から見たときには非常に重要なので

ある。P95

 

「人は変わりたいと思った時こそが転機となる」とは多くの人が言うことである。

P113

 

「世の中のために、人のために、誰かのために働く。世の中に存在する仕事に

無意味なことはない。世の中はすべての人が分業して成り立っている」

P120

 

万策尽き果て、どうしようもない状況の時には、神頼みすらしたという。

「この再生の仕事で社員やその家族を守ることができたならば、私の命は

どうなってもよいです。力を貸してください」と。

この仕事に心身ともにかけた知識の思いがひしひしと伝わってくる話である。

P127

 

より良い企業を創ることを大きな目的として、現在の志を持つこととなる。

P188

 

『持っているものを離さないと別のものはつかめない』といいますが、決断でき

ないことは、両方をなくすことと考えていました。

なぜかはわかりませんが、尊敬する人はすべて何かを得るために、

何かを捨てる勇気を持っているタイプであり、自分自身、そういったストイック

さに憧れていました。

P234

NEW

旅がなければ死んでいた

『旅がなければ死んでいた』

坂田ミギー著

KKベストセラーズ

s-dofrwnload.jpg

面白かった!

スッキリした!

考えさせられた!

旅に行きたくなった(笑)

______________

ツェリンはお祭りがはじまるまでの時間、ゆっくりといろんな話をしてくれた。

欲は尽きないものであること。たとえば、よりよい異性を追い求める人は、

何人の異性をモノにしても、そのきもちには終わりがないこと。

それは、愛ではなく、欲でしかないこと。

たとえば、お金がほしい人は、どんなにお金を持つようになっても、

もっとほしくなること。際限のない欲に心をうばわれていると、

それに気づかず生きてしまうこと。

P98-99

1日2回、『自分の人生』について考えてみてください。

長い時間でなくていいんです。朝起きたときとか、夜寝る前とか、

ちょっとの時間で大丈夫です。

『自分にとって、よく生きる』とはなにか。

『あなたの本当の成功』とはなにか。毎日考えてみてください。それだけです。

P99

そもそも自分の望む幸せとはなんだったのか。

生きる指針を、自分のなかに持ち合わせていないのだから、

進む先に迷うのは当たり前のことだった。

目的地がわからないのに、そこに行けるわけがないだろう。

わたしはどこに向かって生きていきたいのか。

それを考えるのはいまからでも遅くないと、ツェリンは教えてくれた。

この日を境に、わたしは自分の人生の行き先を思うようになった。

P101

わたしは、すでに、すべてを持っていて、幸せだったのだ。

こんなにも遠くに来るまでわからなかった。言葉のうえでは「きっと自分は恵まれ

ている、きっと自分は幸せなハズだ」と思っていたが、それでも何かが足りないと

思い続けてきた。足りないのは、外の何かではなく、「自分」だったのだ。コルラ

をしながら誓ったこと、それは「これからはたいせつなものを、

たいせつにして生きていく」。

P119

困難な状況で生まれ育っているからと諦めるのではなく、それを受け入れて、

いかにして希望を生み出すのか、どう生き抜いていくのか。

恵まれている人々、ちがう立場の人々を羨んだり、憎んだりするのではなく、

自分自身がどのように日々を生きていくかが重要なのだと、彼らは教えてくれた。

P138

なりたいものを思い描く自由がある。努力し続けられる自由もある。

希望は与えられるものではなく、自らが生み出せるものだと教えてくれた。

またひとつ、こころに強く美しいものを分けてもらえた。

P150

NEW

上司の哲学

『上司の哲学』

江口 克彦

PHP研究所

s-down8load.jpg

松下幸之助に仕えた著者が上司としての要諦を語る。

本書のようなことを実践できていた松下幸之助は、

ほんと、神様ですね。。

著者のような人物も、そうやって育てられてきたんですね。

___________________

上司であるならば、一瞬たりとも考えることを止めてはならない。

52P

熱意があるからこそ、そこに工夫が生まれてくるのである。

65P

成功を収めていくには、何段階かのプロセスがある。まず最初は願望から始まる。

何々がしたいという願望から全ては始まるのである。

次にその願望を、単なる願望から目標に変える。

そしてその目標を達成しようと決意するわけである。

決意をしたら今度は実行に移す。

そして実行したらそれを継続していく。これが夢の実現へのプロセスなのである。

66P

責任者たる者は常に考え続けていなければならないという信念が松下にはある。

だからなにも報告することがないということはあり得ないのだ。

「君、なにか用事はないか」というのが松下の口癖だった。

要は今の仕事の進み具合、今の会社のこと、

今なにを考えているかを報告せよということである。

96P-97P

実は知らず識らずのうちに松下の考え方に導かれていく。

私はそのようにして導かれ育てられてきた。

松下の雑談によって育てられたと言えるように思う。

導かずに導く。なぜ松下はそのようなことができたか。

それは松下自身にしっかりとした哲学があったからだ。

159P

けど、土地を買って金儲けをしようなどと考えたらいかん。

だいたい、人生と経営は賭け事ではないんやで」この「人生と経営は賭け事では

ない」というのは松下の哲学の一つである。このことを事あるごとに私に語りか

けた。227P

私利私欲にとらわれてはならないと、松下はいつも社員に訴え続けていた。

どうすれば会社が発展するかを経営者は常に考えなければならない。

その時にただ自分の会社のことだけを考えてはいけない。

自分の給料が上がることだけを考えてはいけない。

自分の会社が大きくなることで人々の幸せに貢献する。

すばらしい商品を生み出すことで、なによりもお客さんに喜んでもらい、

さらに社会に貢献する。そういう考えに立脚したうえで、

経営をしていかなければならない。

人間として正しいこと、社会的に正義であること。それがあくまでも基本になる。

これを忘れると、必ず会社は失敗する。

231P

経営者や上司にとって必要なのは、常に部下の人間としての本質、人格を評価し、

認めていくことである。その人の無限に持っている能力を絶対的に評価しながら、

部下と接していくことを心がけねばならない。

239P

能力というのは、短期間で修得することができる。

しかし人柄というのは短期間でつくられるものではない。

日々なにを考え、どういう行動をしているかが、

全て人柄やその人の雰囲気に出てしまうものだ。

273P

NEW

菜根譚

『菜根譚』

守屋 洋

PHP研究所

s-dffownload.jpg

読んでいると、

現代の中国の人たちは、

随分昔と変わったんだなと思ってしまう。

ひとくくりにはできないけど。

そういう考え方も、戒めないといけないのだろうけど(笑)

とても、善い本です。

________________

華美権勢に近づかないのは清廉な人物である。

だが、それに近づいても染まらない人物こそもっと清廉だと言える。

P21

平穏無事なときには万一の場合に備えることを忘れず、

いったん有事のさいには悠々たる態度で対処するように心がけなければならない。

P26

狭い小道を行くときには、一歩さがって人に道を譲ってやる。

おいしい物を食べるときには、三分をさいて人にも食べさせてやる。

こんな気持ちで人に接することが、すなわちもっとも安全な世渡りの

極意にほかならない。

P31

人に対して寛大であることは、人間学の基本なのかもしれない。

「寛なれば則ち衆を得」

P35

「天下に思い通りにならないことが、十のうち八、九はある」

人生に苦労が絶えないなら、苦労のなかに喜びを見出す生き方こそ、

最高なのかもしれない。

P76

常に喜びの気持ちをもって暮らすこと、これが幸福を呼びこむ道である。

常に人の心を傷つけないように心がけること、これが不幸を避ける方法である。

P87

天が冷遇して幸福を授けてくれなければ、わが徳を磨いて幸福をかちとるがよい。

天が苦役を課して肉体を苦しめてくるならわが心を楽にして苦痛をいやすがよい。

天が苦境に突き落として行く手をはばむならわが道を守って初志を貫徹するがよい。

これなら、天といえども、どうすることもできまい。

P107

自分の心をいつも満ち足りた状態にしておけば、

この世に、不平不満は存在しなくなる。

P114

人格は、包容力が高まるにつれて向上し、包容力は見識が深まるにつれて高まる。

人格を向上させようと思うなら、包容力を高め、包容力を高めようと思うなら

見識を深めなければならない。

P160

事業を発展させる基礎になるのは、その人の徳である。

基礎がぐらぐらしているのに、建物が堅固であったためしはない。

P173

学問は、三度の食事と同じようなもの、

誰にとっても欠かすことができない。たゆまず研鑽しよう。

P176

おだやかで冷静な心の持主には、自然に幸運が集まってくる。

P220

眼の前にあるすべてのことは、満足することを知っている者には理想の世界である。

P257

一つの立場、一つの価値観に固執するな、今現在の自分を絶対視するな、

より大きな立場に立って物事を視よ。

P292

あわただしいさなかにあっても、冷静にあたりを見回すだけの余裕があれば、

ずいぶんと心のいらいらを解消することができる。

暇でひっそりとしているときにも、情熱を燃やして事に当たれば、

またそこに捨てがたい魅力を見出すことができる。

P292

天地のあいだに存在するすべての物、人間関係のなかで起こるさまざまな感情、

社会のなかで起こるすべての出来事。これらはみな、一般の人から見れば、

それぞれに違って見える。だが、悟りの境地に達した人から見れば、すべて同じこと。

P320

NEW

ドラッカー5つの質問

『ドラッカーの5つの質問』

あさ出版

山下 淳一郎

s-dofwnrrload.jpg

よくしてもらってる社会保険労務士

の先生からプレゼントされました。

自社のミッションや理念、ビジョンを決めるのに、

とても参考になりました!

軸を会社で共有できている組織と、

そうでない組織の強さそうでなさは、

はっきりしてくるのでしょうね。

__________________

経営チームは答えを共有する前に、問いを共有しなければならない。

そして同じに問いに対して、全員から同じ答えが出てくる状態にならなければ

ならない。経営チームが一枚岩にならずして会社のさらなる成長はあり得ない

からだ。5P

組織は人の集まりではない。考え方の集まりだ。

だから、共通の考えを創り出さなければならない。

「何をやるか」を決めるのはそのあとだ。

19P

●経営理念とは「わが社の社会に対する根本的な考え」を言い表したもの

●ミッション(使命)は「わが社が社会で実現したいこと」を言い表したもの

●ビジョンは「わが社のミッションが実現した時の状態」を言い表したもの

43P

「明確かつ焦点の定まった共通の使命だけが、組織を一体とし、

成果をあげさせる。焦点の定まった明確な使命がなければ、組織は直ちに

組織としての信頼性を失う」

54P

ビジョンがなければ事業とはなりえない。人の群れがあるだけである。

74P

伸びている企業は必ず顧客に応えている。

顧客に応えている企業は必ず顧客の声を聞いている。

奇をてらったことを考えるより、基本を大切にしている企業が成功を収めている。

143P

売上の額だけを見て事業を進めていくならば、会社は生き残ることはできない。

売上の額だけしか見ていなければ、何を改め、何を工夫し、

何をはじめていいか、わからなくなるからだ。

155P

経営には計画が絶対に必要だ。

成り行き任せで事業がうまくいくはずがないからだ。

172P

人は誰かが考えた目標を自分の目標と思わない。

誰かが勝手に決めた目標は自分の目標とは思えない。

もちろん部下は社長から命令されれば、「はい、わかりました」

と言ってくれる。だからと言って、その目標が本人にとって、

心から達成したい目標かというと話は別だ。

176P

NEW

i(アイ)

『i(アイ)』

西 加奈子

ポプラ社

s-downloffad.jpg

ち、ちょっと、重いかな。。

読む人によっては、面白いんだろうけど。

私は、気持ちがよい、

爽快感のある小説が好きなんかな。。。(笑)

NEW

海の見える理髪店

おはようございます☆

新田です。

12月は飲み会が多いですねー。

忘年会などありますからね。

いや、年中多いような気がしてきた...(笑)

_______________

直木賞受賞作!

『海の見える理髪店』

↓ ↓ ↓

s-41ukvX6XpiL._SX353_BO1,204,203,200_.jpg

心が温かくなりましたー。

ふわふわという感じです☆

NEW

魂の経営

『魂の経営』

古森 重隆

東洋経済新報社

 

 

s-ddownffload.jpg

 

  

よい本でした。

適当な表現が思いつきませんが、

男の経営、、、そんな言葉が脳裏に浮かびました。

著者は恐らく70代?

世代の違いなのか。

立場の違いなのか。

________________

会社を生き残らせる責任があるのだ。やらなければならないことは断固として

やらなければならない。それがリーダーの仕事である。

53P

「将来伸びそうだから」という程度のボンヤリした判断で新規事業を考えるわけ

にはいかない。自分たちの技術資源や経営資源を生かせる分野はどこか、

そこを見極めなければ事業を軌道に乗せることはできない。そのためにもまず、

富士フイルムにどんな力があるのか、それを整理し、確認する必要がある。

61P

自分たちの会社をどうすればいいのかを人に聞くなど、もってのほかだ。

特に経営者が最終的な判断を外部の人材の助言に頼ろうなどとしているのであれ

ば、そんな経営者は即、辞めたほうがいい。

64P

私が、もし他の人と違うところがあるとすれば、誰よりも思いっきり実行できた

点だ。そして一度決めたことは。結果が出るまで断固として、それこそ周囲を引

きずってでも実行してきた。

96P

同じ職場で、同じ年齢で、同じような仕事をしていても、成長して大きな

成果を上げてリーダーになれる人と、そうでない人がいる。一体その差は

どこから来るのか。能力や知識といった差もあるのかもしれないがそれより

も大きいのは仕事に向き合つ姿勢の差であり、その組織に対する思いの差である。

170P

厳しくしない、叱らない上司というのは、無責任だと思ったほうがいい。

真剣に部下の成長を考えていないから叱ることができないのだ。

173P

一途に一生懸命何かに取り組んでいけば、何か見えてくるものなのだ。

そして、その見えてくるものが真実である。逆に言えば、それができなければ何も

学べないし、自分も成長できないのである。

179P

Category

Archive

お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

0120-743-745
お問合せ受付時間 : 8:30 〜 17:30

WEBでのお問合せはこちら

ご予約いただければ、ZOOM、LINEなど
オンライン相談も可能です!
ご相談の流れ・お問合せ