動機×覚悟+環境

Facebookでシェアする twitterでつぶやく
Writer
nitta
nitta

起業した者の6割が1年後生き残り、10年後には2割しか同じ事業を継続できないというデータがあります。
起業自体は決して難しいことではありません。データから見て分かるように存続することが難しいのです。

独立起業のスタートを切るうえで大切なものを次のようにあらわしてみました。
「動機×覚悟+環境」です。動機とは、「私は、~だから~のために独立起業する。」の~の部分です。この軸は、コロナ禍の今の時期のようにピンチを乗越えるときの大きな武器になるはずです。逆に弱いと起業後に起こる困難を乗り越えることができません。紙に何度も何度も書き出して反芻してみてください。

次に独立後の困難に立向かう覚悟。覚悟が強いほど先程の動機が強固なものとなります。私自身、組織の一人として働いていたときとの違いを感じることが多いです。

最後に環境。環境は個々の置かれている環境や進出しようとする事業の環境、経済環境、人脈などが挙げられます。環境は足し算。良い環境であれば有利ですが、あくまでもプラスアルファと位置付けます。 動機と覚悟が強固なものになり、そして、環境が整ったときに独立起業のためのスタートを切りましょう。大切なのは順番です。先に資金や経営戦略その他を考えるのではなく、まずはそれらを支える根っこからスタートすることが肝要です。

合わせて読みたいコラム

お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

0120-743-745
お問合せ受付時間 : 8:30 〜 17:30

WEBでのお問合せはこちら

ご予約いただければ、ZOOM、LINEなど
オンライン相談も可能です!
ご相談の流れ・お問合せ