令和2年分 確定申告 税制改正点

Facebookでシェアする twitterでつぶやく
Writer
mori
mori

まもなく確定申告の時期がやってきます。
今年は基礎控除や配偶者特別控除等も所得に応じた金額に改正され、以前より、複雑になっています。
令和2年分の所得税の確定申告から適用される改正点を一部ご紹介します。

 

【青色申告特別控除の額】

これまで2段階だった控除額が3段階に改正されています。
特にこれまで65万控除を適用されていた方は要件が増えていますので注意が必要です。

□65万控除…55万控除の要件、電子申告又は電子帳簿保存が必要。
□55万控除…複式簿記での記帳、申告書に貸借対照表、損益計算書の添付、期限内申告が必要。
□10万控除…簡易な記帳が必要。

 

 

【ひとり親控除】

35万控除…所得500万円以下、子を扶養している場合に適用。
これまでも離婚及び死別だった場合に適用できる寡婦控除というものがありましたが、
令和2年からは婚姻歴が無くても所得と子の扶養があれば適用できるようになっています。

ご自身で確定申告等をされる場合は改正点に気をつけて行われてください。
何か不明な点がございましたら、お気軽にお尋ねください。

合わせて読みたいコラム

お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

0120-743-745
お問合せ受付時間 : 8:30 〜 17:30

WEBでのお問合せはこちら

ご予約いただければ、ZOOM、LINEなど
オンライン相談も可能です!
ご相談の流れ・お問合せ