BOOKSHELF OF MANAGER

経営者の本棚

BOOK TITLE

小が大を超えるマーケティングの法則

著者
小が大を超えるマーケティングの法則

『小が大を超えるマーケティングの法則』

岩崎邦彦

日本経済新聞出版社

s-41aSQXPSzxL.jpg

根底にランチェスター戦略があります。

著者が意識しているかどうかは不明ですが、

基本的には同じことを言っている。

だから、いえるのは、

法則性があるということ。

知っている知らないにかかわらず。

世の中は作用してしまっている。

経営は経営者の知識の差。

知っているか知らないか、ということ。

___________________________

消費者は、モノではなく、価値にお金を払っているのである。

顧客が認識する価値が高ければ、高い価格でも売れるだろう。

逆に、価値を感じなければ、いくら安くしても売れないということだ。

マーケティングは、「価格」の競争でなく、「価値」をめぐる競争なのである。

21p

大きな企業には、顧客数の追求という

「量のマーケティング」が要求されるためである。

量の競争の先は「同質化」だ。同質化すれば、「価格競争」になる。

そして、価格競争の行きつく先には、体力勝負の「消耗戦」が待っている。

55p

何かひとつの面で優れていると、他の面でも優れているとみなされやすい。

つまり、ある商品が突出して優れていれば、

別の商品も優れていると思われやすい。

93p

商品を絞る

まず、第1は、「"商品"を絞る」である。

シンボルに磨きをかけること、何を売って何を売らないのかの明確な線引きが、

小さな企業には欠かせない。

118p

小さな企業には、「この顧客だけは絶対に満足させることができる」

といった想定ターゲットの絞り込みが必要だ。

119p

小さな企業の価格戦略の定石である、

「"いかに安く売るか"ではなく"いかに安く売らずにすむか"」を孝える」とは

149p

新規顧客を獲得するコストは、

既存顧客を維持するコストの5倍以上になるともいわれる。

154p

同じカテゴリー本

同じカテゴリーの本はありません。
同じカテゴリーの本はありません。

お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

0120-743-745
お問合せ受付時間 : 8:30 〜 17:30

WEBでのお問合せはこちら

ご予約いただければ、ZOOM、LINEなど
オンライン相談も可能です!
ご相談の流れ・お問合せ