BOOKSHELF OF MANAGER

経営者の本棚

BOOK TITLE

そうか、もう君はいないのか

著者
そうか、もう君はいないのか

『そうか、もう君はいないのか』

城山三郎

新潮文庫

 

sdodwnload.jpg

 

 

調べると、この作品の

ドラマもあったのですね。


小倉昌男さんだったり、

城山三郎だったり、

最近先に奥さんに逝かれてる作品によく出会う。


そうだよな。

そうなるよな。

よくわかる、かも。



________________

________________



焦らずコツコツと書いていこう。

それで認められなければ、自分の力不足ということ。

改めて、自分にそう言い聞かせた。

イタリアの経済学者パレートが好んだ、

「静かに行く者は健やかに行く 健やかに行く者は遠くまで行く」

という箴言を、何度も口ずさみながら。

76p




「おまえは……」にが笑いして、重い空気は吹き飛ばされたが、私は言葉が出なかった。

かわりに両腕をひろげ、その中へ飛びこんできた容子を抱きしめた。

「大丈夫だ、大丈夫。おれがついてる」

何が大丈夫か、わからぬままに「大丈夫」を連発し、腕の中の容子の背を叩いた。

こうして、容子の、死へ向けての日々が始まった。

127p




四歳年上の夫としては、まさか容子が先に逝くなどとは、思いもしなかった。

もちろん、容子の死を受け入れるしかない、とは思うものの、

彼女はもういないのかと、ときおり不思議な気分に襲われる。

容子がいなくなってしまった状態に、私はうまく慣れることができない。

ふと、容子に話しかけようとして、われに返り、

「そうか、もう君はいないのか」と、なおも容子に話しかけようとする。

134p




強固な心身を持つ父への敬愛が、いつしか慈愛へと化してゆく。

親を子のようにいとおしいとさえ思う気持ち。

命を感じながら生きるようになると、自ずと出てくる感謝の気持ち。

そして再び崇高な尊敬の念が生まれてくる。

149p



 

同じカテゴリー本

同じカテゴリーの本はありません。
同じカテゴリーの本はありません。

お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

0120-743-745
お問合せ受付時間 : 8:30 〜 17:30

WEBでのお問合せはこちら

ご予約いただければ、ZOOM、LINEなど
オンライン相談も可能です!
ご相談の流れ・お問合せ