BOOKSHELF OF MANAGER

経営者の本棚

BOOK TITLE

八甲田山死の彷徨

著者
八甲田山死の彷徨

『八甲田山死の彷徨』

新田 次郎

新潮文庫

 

 

ssdownleeoad.jpg

 

 

気象学を学び、自ら登山家だった

新田次郎だから書けたんだろうな。

猛吹雪中の断末魔の描写は逸品。



でも、これは、遭難の記録物語ではなく、

きっと、組織を対比し、陥りがちな罠を

炙り出した指南書だと思う。



組織は、外部から破壊されるのではなく、

内部から破壊されていくのだ。



映画も、小説も面白かった。

小説に勿論、軍配があがりました(^^)


______________

______________

「そうか、お前の気持はよく分る。どう考えても木宮少佐のやり方はよくない。彼は

軍人として取るべき処置を誤っていた。生死の境を越えて来たわが三十一聯隊の雪中

行軍隊を迎えるにはもう少し暖かい心やりがあって当然だ。だいたい、お前を呼びつ

きけて、なにを見たかなどと言うところからおかしい。訊きたいことがあるなら、自

ら出向いて行って、辞を低くして訊くべきだ。それにお前に言った言葉の一つ一つ

が、自分が聞いても腹が立つ。もし、その場にいたのが、お前ではなく自分だったと

しても多分なにも見なかったと言ったであろう」

267p




両崖は絶壁であって登ることはできないし、深雪の中を引き返す力もなかった。

食糧は尽きてしまっていた。ただそこは、大地の割れ目の底のようなところだったか

ら、風はほとんどなかった。彼等はそこで死を待つよりしようがなかった。十四名は

ほとんど例外なしに頭がおかしくなっていた。おかしなことを言ったり、おかしなこ

とをした。ただその時によって、誰かが、それがおかしなことだと注意すると、はっ

とわれに返って止めた。そして次には、おかしなことだと注意した者がおかしなこと

をするのであった。

271p




一月二十六日の朝が明けた。雪が激しく降っていた。露営地を出発するときには、そ

の地で死んだ兵たちはことごとく雪に覆われていた。風が比較的少ないだけが取り得

であった。

生き残りの三十名は全身氷に覆われていた。人間の形をした氷の化け者が深雪の中を

泳いでいるようであった。ほとんどは死の一歩手前の状態にあった。倉田大尉、神田

大尉等若干名が思考力を具えているに過ぎなかった。(中略)

……二人の大尉が動くと、それに従って兵たちが動いた。猛吹雪となり、進路を失った

となると、絶望感のため倒れる者が多くなった。一人が倒れると将棋の駿のようにつ

ぎつぎと倒れて行くのがこの遭難の特色の一つであった。倒れるだけ倒れた後、生き

残った者はまた歩き出した。……

328P


 

同じカテゴリー本

同じカテゴリーの本はありません。
同じカテゴリーの本はありません。

お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

0120-743-745
お問合せ受付時間 : 8:30 〜 17:30

WEBでのお問合せはこちら

ご予約いただければ、ZOOM、LINEなど
オンライン相談も可能です!
ご相談の流れ・お問合せ