BOOKSHELF OF MANAGER

経営者の本棚

BOOK TITLE

なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか?

著者
なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか?

『なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか?』

吉田 典生

日本実業出版社

 

 

ssimguhres.jpg

 

 

なんやかんやを理由に、

本を読むペースが落ちた、かな?


たくさん、本を読んで、

もっと、喜ばれていかないと。

 

______________________

 

以下、引用

「頑張るからこそ成長する」という、まず頑張ることありきの考え方です。

これは一面では正しくて、自分を磨くために相応の努力が大切であることは、

言うまでもありません。

でも、あまりにも当然すぎる努力の大切さの前に、

もう一つの大事な人間の真実か隠されてはいないでしょうか。

それは、もともと報われるだけの素養を持っているから、

頑張る気になる人がいる、ということです。

逆の面から見ると、報われるイメージを持てない人もいて、

だからそういう人は頑張る気になりにくい、ということです。

21p



「できる人」が持つ仕事のゴールに対する考え方。

その背景には、困難な課題を乗り越えたからこそ、自分は成長したのだという思いがあります。

しかし、その困難さのレベルというのは、絶対的なものではなく相対的なものです。

できる自分にとっての難易度を、そのまま「できない人」に当てはめても、

思うように動機づけることはできません。39p



もっと謙虚になって、「できない人」の反応をコミュニケーションの手引きとするべきです。

わかりやすいか否かは、「できる人」が決めるのではなく、

「できない人」が決めるものです。81p



人間は受け取る準備ができたぶんだけ、また、受け取る準備ができている内容だけ、

自分の中に取り込むことができます。

伝える側の願望で量を増やしても、一度に伝えられることには限界があります。

103p



自分の感情をマネジメントする鍵は、このレッテルを取り除くことに他なリません。

それを実現させるのは、「すべての人に内在する可能性を受容する自分」です。

相手の「できない事実」を客観的に特定することと、

「できない存在」であるという思い込みを外すこと。

この両方が、「できる人を育てる人」には求められます。196p


 

同じカテゴリー本

同じカテゴリーの本はありません。
同じカテゴリーの本はありません。

お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

0120-743-745
お問合せ受付時間 : 8:30 〜 17:30

WEBでのお問合せはこちら

ご予約いただければ、ZOOM、LINEなど
オンライン相談も可能です!
ご相談の流れ・お問合せ