BOOKSHELF OF MANAGER

経営者の本棚

BOOK TITLE

走ることについて語るときに僕の語ること

著者
走ることについて語るときに僕の語ること

『走ることについて語るときに僕の語ること』

村上 春樹

文藝春秋

 

 

s41taA4LrfoL__SL500_AA300_.jpg

 

 

 

読み始めて、数ページ。

そのときから、また読みなおそうと思えた本でした。

 

走っているから、そう思ったのか。

そうでなくてもそう思ったのか。

きっと、走っていなくてもよいと思える本だと思います(^-^)

 


久しぶりに朝から晴れ間が見えています。

朝走ろうと思った時は、雨が降っていました。

今日で39歳になりました。


 

感謝です(^-^)

新田も、語るべきことを持てるように

身につけていきます。いろいろと。

 


早朝、親と恩師よりお祝いの電話。

感謝です(^-^)

 

 

___________________________

 

 

以下、引用。

 

 

しかし何はともあれ走り続ける。日々走ることは僕にとっての生命線のようなもので、

忙しいからといって手を抜いたり、やめたりするわけにはいかない。

もし忙しいからというだけで走るのをやめたら、間違いなく一生走れなくなってしまう。

 

走り続けるための理由はほんの少ししかないけれど、走るのをやめるための理由なら

大型トラックいっぱいぶんはあるからだ。

 

僕らにできるのは、その「ほんの少しの理由」をひとつひとつ大事に磨き続けることだけだ。

102p

 

 

同じカテゴリー本

同じカテゴリーの本はありません。
同じカテゴリーの本はありません。

お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

0120-743-745
お問合せ受付時間 : 8:30 〜 17:30

WEBでのお問合せはこちら

ご予約いただければ、ZOOM、LINEなど
オンライン相談も可能です!
ご相談の流れ・お問合せ