BOOKSHELF OF MANAGER

経営者の本棚

BOOK TITLE

わかりやすく<伝える>技術

著者
わかりやすく<伝える>技術

『わかりやすく<伝える>技術』

講談社現代新書

池上 彰

 

経営者オススメ度 ★★★★☆

 

 

sa88a92cf328a0396e716302b18ddb3d2254974a1_1.jpg

 

 

 

とても、勉強になりました。

文章を書いたり、講演をやっていると、

分かりやすく伝えることの難しさを

考えさせられます。

 

伝えることが上手い人には、

何か、大切な秘密がある。

その秘密を教えてもらった気がしました。

 

 

__________________________

 

 

以下、引用。

 

 

私は、わかりやすい説明とは、相手に「地図」を渡すようなものだと考えています。

説明のための「地図」。それを放送業界では「リード」と呼んでいます。

そこで、「いまからこういう話をしますよ」と最初にリードで言っておくと、

聞く側も心の準備ができるのです。19p

 

 

 

そこで、一つの文が長すぎるなら短くしてしまえ、と考えました。

一つの長い文を、二つ、三つに切ってみたのです。

短く切ると、一つの文が、一つの意味内容だけを届けることになります。

ABCという三つの要素が全部入っている文を聞かせては、視聴者に余計な負担をかけます。

それに比べて、まずはAの話、続いてBの話、そしてCの話と進めば、楽に聞くことができ、

非常にわかりやすくなります。60p

 

 

 

接続詞はつけずに短い文をポンポンと並べたほうが、リズムもいいし、わかりやすくなる、

ということにも気がつきました。

論理的に流れていれば、接続詞はいらないのです。

逆に言えば、接続詞を多用している文章は、

実は論理的でない文を、接続詞で無理やりつないでいることが多いのではないでしょうか。

62p

 

 

 

わかりやすい説明をするうえでは、「絶対に必要な情報」と、

「あってもなくてもいい情報」を峻別し、

「絶対に必要な情報」だけを伝えること。

「ノイズ」をカットした、クリアな情報が必要なのです。85p

 

 

 

「わかりやすい説明をするときにはポイントは3つに絞りなさい」という意味です。

人は、たいてい3つまでなら耳を傾けて聞きます。

それが、4つになると注意が拡散します。

話し手も内容を把握しづらくなってしまいます。

152p

 

 

 

「自分が理解する」ということと、

「他人に説明できるほど理解する」ということの間には、

大きな落差があるということです。224p

 

 

同じカテゴリー本

同じカテゴリーの本はありません。
同じカテゴリーの本はありません。

お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

0120-743-745
お問合せ受付時間 : 8:30 〜 17:30

WEBでのお問合せはこちら

ご予約いただければ、ZOOM、LINEなど
オンライン相談も可能です!
ご相談の流れ・お問合せ