BOOKSHELF OF MANAGER

経営者の本棚

BOOK TITLE

自己プロデュース力

著者
自己プロデュース力

『自己プロデュース力』

ヨシモトブックス

島田紳助

 

経営者オススメ度 ★★☆☆☆

 

 

sddimgres.jpg

 

 

テレビからはいなくなってしまいましたが(^_^;)



島田紳助の話し方は、飛びぬけて感情が入っている。

だから、人は惹きつけられる。

と、何かで読んだ記憶があります。

 


この本を読むと、

彼は、努力した、研究した、というのが分ります。

そして、その努力と研究する才能があった。

 

 

_______________________________

 

以下、引用。

 

 

例えば、才能に、通知表みたいに五段階あったとしましょう。そして、努力にも。

もし、5の才能の人間が、5の努力をしたとしたら、

5×5=25で最高の結果が出ます。

ただし、5の才能を持っていても、1の努力しかしなかったら、

5×1=5でたいした結果が出ません。10p

 

 

 

その時代時代にどんな人が売れていたのか、どんな笑いがウケていたのか、

それがどういう風に移り変わっていったのか、

あるいはずっと共通しているものがあるのか、徹底的に調べるんです。29p

 

 

 

僕がよく言うのは、「X+Y」でものを考えろ、ということ。

「X」は自分の能力。自分は何ができるのか。

これは自分にしかわからないのだから、自分自身と向き合って必死に探すしかありません。

「Y」は世の中の流れ。

これまでどんなことがあって、いまどんな状況で、5年後10年後、

それがどんな風に変わっていくのか。

これは 資料が揃っているんだから、研究することでわかってくるはずです。30p

 

 

 

いちばん大切なのは、無闇に練習をしないということ。

どんな漫才をするのか、自分の中で明確な方向性を持って、

それに従って練習をするということ。

あとは、自分なりのデータ分析。世の中の流れを見極める。

それを真剣に考える。121p

 

 

同じカテゴリー本

同じカテゴリーの本はありません。
同じカテゴリーの本はありません。

お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

0120-743-745
お問合せ受付時間 : 8:30 〜 17:30

WEBでのお問合せはこちら

ご予約いただければ、ZOOM、LINEなど
オンライン相談も可能です!
ご相談の流れ・お問合せ