BOOKSHELF OF MANAGER

経営者の本棚

BOOK TITLE

資金繰り完全マニュアル

著者
資金繰り完全マニュアル

『資金繰り完全マニュアル』

すばる舎

川北 英貴

 

経営者オススメ度 ★★★★☆

 

simdgres.jpg

 

 

会社の黒字率は、適時に記帳を行い、

月次決算を行っている。

資金繰り表を作成している。

このような会社と、


どんぶり勘定で記帳など税理士任せだ。

社長のお金と会社のお金の区別などない。

このような会社では、業績が異なってきます。



経営者向けの本です。

専門家にしてみれば、至極当然のことが書かれていますが、

資金繰りに関する本は、一度手に取っていただきたい。



______________________________

 

以下、引用。

資金繰りを良くするためには、まず赤字をどうやって黒字にするかを考えることだ。

資金繰りがわからない経営者は、目の前のお金をどう増やすかばかり考える。

しかし、いくら資金調達できても、赤字が改善されなければすぐに資金が減ってしまう。

まずは、赤字をどう黒字にするか考えることが必要なのだ。47p

 

 

 

 

経常収支が通常は毎月プラスで、設備収支がゼロ、つまり設備投資や売却がないとする。

この場合、経常収支のプラスの範囲で財務収支がマイナス、

つまり融資の返済を行なっていれば、全体の資金はまわる。借入金もどんどん減っていく。

しかし、そのような中小企業は日本にほとんどない。

 

経常収支がプラスでもそれ以上に財務収支がマイナス(つまり返済が多くある)で、

現金預金が減少していくため、さらに新たな融資を受けて現金預金残高を回復させる、

そのような資金繰りをしている中小企業がほとんどだ。92p

 

 

 

◎試算表をつくっていない。あっても3カ月以上遅れている。

◎経営計画をつくっていない。

◎資金繰り表をつくって資金繰り管理を行なっていない。

◎決算書や試算表、資金繰り表の見方をわかっていない。

◎決算書や試算表、資金繰り表の重要性を認識していない。

 

こういう会社は、必ず資金繰りが厳しくなるといってもいい。118p

 

 

同じカテゴリー本

同じカテゴリーの本はありません。
同じカテゴリーの本はありません。

お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

0120-743-745
お問合せ受付時間 : 8:30 〜 17:30

WEBでのお問合せはこちら

ご予約いただければ、ZOOM、LINEなど
オンライン相談も可能です!
ご相談の流れ・お問合せ