BOOKSHELF OF MANAGER

経営者の本棚

BOOK TITLE

「決断力」

著者
「決断力」

『 決断力 』

角川書店

羽生 善治

 

経営者オススメ度 ★★★☆☆

 

 

sdecision.jpg

 

 

 

何でもよい。

ひとつのことを、深く深く掘り下げていけば、

人としての幅もどんどん広がっていく、

そう教えられたことがありました。


そのことをこの本は語ってくれている。

 

 

___________________________

 

以下、引用。

一般社会で、ごちゃごちゃ考えないということは、

固定観念に縛られたり、昔からのやり方やいきさつにとらわれずに、

物事を簡単に、単純に考えるということだ。

私は、「キスで行け」、つまり、簡単に、単純に考えることは、

複雑な局面に立ち向かったり、物事を推し進めるときの合い言葉になると思う。25P

 

 

 

 将棋にかぎらず、私たちはとかく膨大な量の情報や知識に埋もれがちだ。

定跡を生かすにも、情報におぼれるのではなく、

まず、"自分の頭で考える"ことが先決だと思っている。27P

 

 

私は、将棋を通して知識を「知恵」に昇華させるすべを学んだが、

その大切さは、すべてに当てはまる思考の原点であると思っている。29P

 

 

「仕事にゆき詰まったときは整理整頓」というのが口癖だった。

休みの日になると朝早くから起き出して、部屋の片付けを始めるのだ。

うるさくて寝ていられなかったことを思い出すが、

私もその遺伝子を受け継いだようだ。36P

 

 

私は、将棋を指す楽しみの一つは、自分自身の存在を確認できることだと思っている。

人生は食事をして眠るだけのくり返しではない。

「こういうことができた」「こういうことを考えた」という部分がある。

それは楽しさであり、人生を有意義にさせてくれる。

私は、将棋にかぎらず、何かに打ち込んでいる人には、

そういう発見があると思っている。122P

 

 

才能とは、同じ情熱、気力、モチベーションを持続することである。

168P

 

 

同じカテゴリー本

同じカテゴリーの本はありません。
同じカテゴリーの本はありません。

お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

0120-743-745
お問合せ受付時間 : 8:30 〜 17:30

WEBでのお問合せはこちら

ご予約いただければ、ZOOM、LINEなど
オンライン相談も可能です!
ご相談の流れ・お問合せ