BOOKSHELF OF MANAGER

経営者の本棚

BOOK TITLE

荒くれ漁師をたばねる力

著者
荒くれ漁師をたばねる力

荒くれ漁師をたばねる力

坪内 知佳

朝日新聞出版

s-downlffoad.jpg

シングルマザーの女性がとある漁船団を率いて、

漁業事業から地方創生をおこしていった実話。

涙あり、喧嘩ありで物語は進んでいきます。

新しい事業を起こす方には、参考になるかも。

私には、も少し。。でした(^^;

_______________

彼らは決まって、「そんなやり方は〃ふつう"と違う」と言う。

自分の中でむくむくと怒りが湧いてくるのを感じた。

(いったい・ふつうってなんなの?そのふつうがダメだったからこそ、

いま、漁業がガタガタになってるんじゃないの?)

46p

同じ夢を見続けるには、まずは彼らの立場にとことん立つこと。

それが、私が最初に自分に課したことだった。

59p

彼らが心配するように、生きていくためにはお金は必要だ。

しかし、事業はそのためだけにあるわけではない。

青臭いかもしれないけれど、たとえば「ロマン」だって、

立派に事業をやっていくうえで大切なことだ。

65p

坪内からは「お前の会社じゃろうが。ここの経営難はあんたの責任じゃし、

夢を語れないのも、人材不足も全部あんたの責任じゃろ」と強く言われて、

びっくりしました。91p

人はみな、色や形やサイズ、立ち位置が違う歯車だ。

私は私で頑張るけれど、私という歯車の色やサイズは変えられない。

一人で頑張っていても、何も動かせない。

でもそんなとき、サイズが違うほかの歯車が来てくれたら、カチッとかみ合って、

何かが回り出していく。

171p

人は死んだら無になる。自分が生きた記憶も痕跡もなくなってしまう。

でも自分たちが作った仕組みや理念がずっと受け継がれて残っていくと

したら、それこそが自分がこの世に生まれてきた意味があったといえる

のではないだろうか。

180p

同じカテゴリー本

同じカテゴリーの本はありません。
同じカテゴリーの本はありません。

お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

0120-743-745
お問合せ受付時間 : 8:30 〜 17:30

WEBでのお問合せはこちら

ご予約いただければ、ZOOM、LINEなど
オンライン相談も可能です!
ご相談の流れ・お問合せ